2店舗目の失敗

HOME > 2店舗目の失敗

2店舗目の失敗

順調だったはずの経営

1店舗目は大盛況。2店舗目のオープン、
3店舗目も出店計画中。だけど…

親戚が焼き鳥屋のFC加盟

1ヶ月間で税金、人件費等を支払っても数十万円以上残り、1年も経たないうちに1,000万円の借入金を返済。金融機関より追加で1,000万円借りることができ2店舗目を出すことに

親戚が焼き鳥屋のFC加盟社長は10店舗だしたら店長にすべてをまかして働かなくてもお金が入ってくると計画。

がしかし
2店舗なのに人件費が2倍以上になっている。
アルバイトが採用できなくなってきた。
退職者が増えてきた。
2店舗目を任していた店長が急に辞めてしまった。

店長としての業務を2店舗することとなり、労働時間は増え続けているのにお金が以前より残らなくなってきた。というより減り続けてきた。

親戚が焼き鳥屋のFC加盟なんでやねん!!!

理由はいろいろありますが、本当の理由は
従業員の労務管理が出来ていない
からなのです。

いかにすぐれた能力を経営者が持っていても従業員がついてこなければ成長はありません。

逆に業績を伸ばしている会社は従業員のことを大切に思い、いっしょに成長する考えを持って会社を運営している会社です。

よって社長だけが儲かれば良い、従業員は駒だと考えている社長様はどうかこれ以上読まないで下さい。前向きな社長様だけがこれから先へ進んで下さい。

  • 前の話に戻る
  • 次の話に進む
ページトップへ
お問い合わせはお気軽に
お電話・お問い合わせフォーム、どちらからでもお問い合わせいただけます。
どんなことでもお気軽にご相談ください。
TEL:06-6180-6792 お問い合わせフォームはこちら